坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

スポンサーサイト

いくつかの刊行物が届きました ~ 智山勧学会「会報」、学会誌「仏教文学」 ~

今年はお彼岸を過ぎてから、本格的な彼岸花の季節となりました。 毎日、次々と咲いてきます。毎年この時期を忘れないのは、不思議なことですね。さて、いくつかの刊行物が届きました。まずは、真言宗智山派の学会で発行している智山勧学会の「会報」です。 …

お彼岸を迎えて ~ 若いご夫婦に安産祈願 ~

お彼岸を迎えて彼岸花が咲き始めました。それと桜でしょうか……かわいらしい花を咲かせています。 年に2度咲く十月桜でしょうか。控えめで上品ですね。 今年の彼岸の入りは土曜日だったこともあり、初日からお墓参りの方をお見かけします(ただ、この辺りで…

「時間」のお話⑮~ 人生の秋、この世からあの世の未来へ ~ 「法の水茎」99

お彼岸が近づいてきて、少しずつ過ごしやすくなってきました。 秋の草花も咲き始めています。相変わらず雑草の生長は早いですね。仏様のお顔が見えるよう草むしりをしなければ。。。 さて、今月の私の文章は、引き続き「時間」をテーマに、永久の彼方まで続…

忌明けを迎えて墓参り

遠くからコンバインの音が響いてきます。数日前から稲刈りが始まりました。皆さん朝から忙しくされています。 今週末からは、気候も秋らしくなってくるようですね。虫の音も元気に聞こえるようになってきました。先日母の四十九日法要を済ませましたが、本来…

四十九日を済ませました。

早いもので、母の四十九日法要の日を迎えました。いよいよ向こうの世界に一歩踏み出します。 蓮の花もお供えしました。朝日を浴びてキレイですね。 こちらは違う種類です。良い香りがしました。集まってくださった親類の方々とお経を唱えして、ご焼香しまし…

大型扇風機を御寄進いただきました。

風が吹いてきて雲行きが怪しくなってきました。これから夕立が来るのでしょうか。ザーッと降って、一気に気温を下げてほしいですね。 さて本日、庭のお花と同じような色の羽を持つ、大型扇風機を御寄進いただきました。 大きいですね!先日お参りくださった…

名前を墓碑に刻みました

残暑が続いていますね。 ここ最近は、毎日のように草刈りをしています。暑さが和らいだ夕方から始めるのですが、草との格闘には終わりは無いですね。次から次へと目につきます。このような暑さの中、母の四十九日が近づいてきたので、名前を墓碑に刻んでいた…

古い写真 ~ 四国八十八ヶ所を2度巡拝された方のお姿 ~

お盆まで鳴いていたウグイスも、とうとう聞こえなくなりました。今は朝からミンミンゼミとツクツクボウシが、元気に大声を競い合っています。 午後からは雷雨がやってくるかもしれません。8月も後半となって、次の季節を運んでくるのでしょうか。今日は母が…

「時間」のお話⑭ ~ 馬鹿正直とは、精進の前には賢愚なし ~ 「法の水茎」98

お墓には盆花が飾られています。 今日は送り日。お盆はご先祖様とゆっくりと語らうことができましたでしょうか。私の方はお盆期間の棚経を終えました。暑い3日間でした(廻れなかったお宅は、秋のお彼岸に参ります)。 今日からは寺参りのお檀家様をお待ち…

棚経に参ります。

お盆を迎えて、朝早くからお墓掃除の方をお見かけします。 涼しいうちのお迎えでしょうか。今日も暑い一日になりそうですね。私のほうは、お盆期間は「棚経」に参ります。 棚経 たなぎょう7月(または8月)13日から15日の盂蘭盆(うらぼん)のとき、僧侶(そ…

8月7日のお墓掃除

今日は比較的過ごしやすい一日でした。 といっても、30度は超えたでしょうか。今月は墓薙(はかなぎ)の月。熱中症対策でもあるのでしょう……朝早くから、お墓掃除のお檀家様が訪れています。 【墓薙】はか‐なぎ 盂蘭盆(うらぼん)に先祖の墓を掃除すること…

父が付けた母の戒名

母の近くに飾られている花。 亡くなる前に「この花キレイね~」と話していた母。たくさんあった蕾も、葬儀が済んで、すっかり咲きそろいました。母の戒名は「温情院清美布施大師」です。 【戒名】かい‐みょう1 仏門に帰依して受戒した出家・在家に与えられ…

母の詩 ~ 花(私のひとり言) ~

今日は朝から日差しがたっぷりです。 鳥も元気にさえずっています。古いパソコンをのぞいていたら、母が20年ほど前の50歳代の頃に書いた詩が見つかりました。それはかつて、お寺の奥様方が発行する栃木北部教区「寺庭婦人だより」に掲載していただいたもので…

お寺の奉仕作業で草刈りをしていただきました。

玄関先に咲く花。 亡き母が植えたものです。心の中で手を合わせます。母の通夜の日に、お寺の総代・世話人さんに奉仕作業の草刈りをしていただきました。毎年、お施餓鬼会の1週間前くらいにお願いしているものです。こちらは昨年の様子です。 www.mizu-kuki.…

普濟寺の施餓鬼会が終わりました。

長かった梅雨時期もようやく明けました。 日の光を浴びるのも何日ぶりでしょうか。草木の木陰がうれしく感じます。先週の水曜日(22日)に母が亡くなり、通夜葬儀(26・27日)と慌ただしく時間が過ぎ去りました。そろそろ二七日。母が好きだった庭の花を摘ん…

母の旅立ち

早朝のお寺。 お花は朝から元気です。昨日、母が亡くなりました。あっという間の旅立ちでした。 www.shimotsuke.co.jp 草花が大好きな母でした。父が亡くなってから4年。また寂しくなりました。これまでお世話になりました多くの方に心より感謝申し上げます…

「時間」のお話⑬ ~袖振り合うも多生の縁、この世に「無縁」なものは存在しない ~ 「法の水茎」97

山寺に蝉の声が響いています。あと1週間ほどで梅雨明けとなりますでしょうか。 今日、7月15日は東京ではお盆ですね。ご先祖様がお帰りになっていることでしょう。 今月の私の文章は、引き続き「時間」をテーマに、宿世(すくせ)、前世からの因縁について書…

お位牌の開眼

久しぶりに青空が顔をのぞかせました。お庭の草花も全身で日の光を浴びています。 蝶々も楽しそうに飛び回っていますね。本堂の中に目を移せば、キレイな生花(アレンジメント)が飾られています。 一周忌のご法要の際にお上げくださったものです。華やかで…

普濟寺の大施餓鬼会は縮小して行います。

昨日からヒグラシが鳴き出しました。道端にはナデシコも咲いています。 耳を澄ませば、カエルの声や、まだホトトギスも鳴いています。梅雨時に、初夏や晩夏も感じています。間もなく、普濟寺恒例の大施餓鬼会が近づいてきました。今年は、8月1日(土)10:00…

大切な俳句の短冊

今日も朝から蒸し暑いですね。 3日前には蕾だったキキョウも、一気に花開きました。花びらは空に向かって、全身で光をつかもうとしているかのようです。梅雨も後半を迎えると思い出す俳句があります。 暈(かさ)もなく 梅雨明けのこの 大月夜 (星野立子)…

御朱印の再訪をいただきました。

キキョウのつぼみ。 先の方が鳥のくちばしのようにとがっていますね。今にもはち切れそうです。夏はもう目の前です。昨年末にお寺の御朱印帳(御納経帳)を作りました。ご本堂に並べてから半年になります(1500円)。 www.mizu-kuki.work その後ありがたいこ…

香十のお線香 ~ 今年もお盆が近づいてきました ~

お寺の裏庭のアジサイ。 人目につかなくても、キレイに咲いています。アジサイの花言葉は「無常」。しっかりと目に焼きつけたいと思います。今年も夏のお盆が近づいてきました。初盆(新盆)のお宅に持参するお供え物が届きました。 天正年間創業の銀座「香…

半鐘を調査していただきました。

今日は貴重な五月晴れの一日でした。 久しぶりに日光を浴びて、お花もうれしそうですね。生き生きしています。先日、お寺の薬師堂にある「半鐘」について書きました。 www.mizu-kuki.work その記事をお読みくださって、さっそく那須歴史探訪館の学芸員の方が…

「時間」のお話⑫ ~過去・現在・未来、仏の教えは上から下に流れる ~ 「法の水茎」96

梅雨らしい一日です。お参りの方はいらっしゃいませんでしたが…… 大きな純白の傘が、寄り添って花開いていました。 今月の私の文章は、引き続き「時間」をテーマに、過去・現在・未来の三世について書いてみたものです。よろしければ、お読みいただけますと…

薬師堂の半鐘

全国的に暑い一日です。外の温度計は、28.7℃を指しています(13:30現在、湿度57%)。 睡蓮は今日もキレイに咲いていますね。毎日見ないと気が済まないようになってきました(笑)池の上には薬師堂があります。起源は、天文元年(1532)4月8日、金枝城主であ…

紅葉の枝を支え上げて木陰を作りました。

日に日に睡蓮の花の数が増えてきました。 冷たい山からの水でも咲くのですね。できれば、蛍が飛ぶような池にできたらと思うのですが、簡単ではないのでしょう。私は相変わらずオンライン授業を続けています。もう4週目に入りました。今日は授業中に来客があ…

石段の手すりが完成しました ~ 本堂へと続く道 ~

いよいよ6月。五月雨の季節になりました。昨日から咲き出した睡蓮も、今朝は霧雨に濡れています。 ご寄付をいただいて始まった、参道の手すり取り付け作業が終わりました。こちらが完成の様子です。 きれいに作ってくださり、ありがとうございます!お寺の雰…

石段に手すりを付けることになりました。

朝から降ったり止んだりの天気です。裏山からは、今日も元気なウグイスとホトトギスの鳴き声が響いてきます。まるでお互いに美声を競っているかのようです。 雨が似合う植物も咲き出してきました。これからアジサイの季節を迎えますね。お寺の方にも、少しず…

「時間」のお話⑪ ~久遠の循環の中で、「無窮」と「困窮」、私利私欲を捨てた生き方 ~ 「法の水茎」95

冷たい雨が降り続いています。 池の周りにはカキツバタ(杜若)が咲き始めました。花言葉は「幸せは必ずくる」。平穏な日常を、じっと待ちわびているかのようです。 今月の私の文章は、引き続き「時間」をテーマに、時が限りなく遠い「久遠」(くおん)につ…

大般若転読法要に出仕しました。

空がかき曇ってきました。今夜は雨の予報です。 昨日は、今日と打って変わって快晴の一日でした。私は昨年と同様に、近くのお寺さんで行われた「大般若転読法要」に出仕してきました。まずは麓の入口から。山上まで続く石段です。 こちらが薬師堂です。寛文…

スポンサーサイト