坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

スポンサーサイト

人形供養を行いました ~ 成長に感謝して ~

穏やかな一日。しだれ桜が風に揺れています。 桜は盛りを過ぎました。風が吹かなくても一枚一枚、花びらが散って、次の季節の花々の上に静かに舞い落ちています。季節柄でしょうか。人形供養の依頼がありました。 民間の例としては,2月と12月の8日に針仕事…

下野新聞(2021/04/01)に掲載されました!

桜が散り始めました。 建設中の永代供養塔にも花びらが舞っています。春が過ぎゆきます。「下野新聞」24面(県央・宇都宮版)に、書籍の紹介が掲載されました! 写真入りです。何人かから「新聞、見たよ」というお電話もいただきました。すごい影響力ですね…

永代供養塔の完成が近づいてきました。

境内のレンギョウが、満開の桜に負けじと咲き誇っています。 黄色が鮮やかですね。そろそろ緑色の葉も芽吹いてくるでしょうか。いよいよ、お寺の永代供養塔の完成が近づいてきました。 過去記事です。計画を立て始めたのは一昨年になるんですね。 www.mizu-k…

書籍のリーフレットができあがりました!

軒下にスノーフレークが咲いています。 ヒガンバナ科に属するとは知りませんでした。白い花の先端に、緑の斑点がかわいらしいですね。ベルのような花の形です。このたび出版させていただいた『法の水茎―和歌とおはなしでひもとく仏教―』(武蔵野書院、2021年…

お彼岸にお米をお供えいただきました。

真っ白なコブシの花が青空に映えます。 さわさわと音を立てて、風になびいています。お彼岸を過ぎて、色とりどりの花が咲き出してきました。毎年、春と秋のお彼岸には、ご近所の数軒の檀家さんが、お米をお供えくださいます。重箱いっぱいにお米(新米)を入…

書籍を出版しました! ~ 髙橋秀城『法の水茎―和歌とおはなしでひもとく仏教―』(武蔵野書院、2021年3月11日) ~

雨風の強い一日でした。皆さん昨日のお彼岸中日の日に、お墓参りを済まされたようですね。今日はお寺もひっそりとしています。池の汀には、水芭蕉が咲き出しました。 こちらも、ひっそりと咲いています。お参りの方がお見えになる度に場所をお伝えしています…

「道」のお話⑤~ 心の垢を洗い清めて、清らかな閼伽水(香水) ~ 「法の水茎」105

雨上がりの今朝の庭。 花びらに雨露が光っていました。今日は宇都宮市のお檀家さんのお宅で一周忌の法要から、お墓の開眼供養、御納骨、御斎(会食)へと続きました。風の強い一日でしたが、昨日の大雨よりは良いですね。ご家族様にとっても、大きな区切りの…

東日本大震災から10年 ~ 風化しない、被害の爪痕を胸に刻んで ~

今年も「力試し石」の隣にスイセンが咲き出しました。 梅から次の季節へと移ってきたようです。 (お寺の力試し石) www.mizu-kuki.work このブログを始めてから、今日で丸2年となりました。3月11日を選んだのは、東日本大震災を忘れないためでもあります。…

春季大護摩祭を執り行いました! ~ 朝靄・光・初音 ~

普濟寺大護摩祭の朝は、靄が立ちこめていました。 遠くも真っ白です。 本堂前の梅の花は満開です。 今年の大護摩祭も、昨年に続いて縮小開催となりました。 www.mizu-kuki.work 総代・世話人さんに集まっていただきました。法要が始まる直前には、空から日が…

(喜連川仏教会)桜まつりに合わせた花祭りは中止となりました。

暖かな朝となりました。湿り気を含んだ風に、しだれ梅が揺れています。 これから久しぶりの雨が降ってくるようです。毎年4月に行われてきた地元の「きつれ川商工桜まつり」は、コロナの影響から昨年に続いて中止と決まったようです。桜まつりに合わせて行っ…

お位牌(白木)の話

今朝は霜が降りました。水道も凍ってしまいました。まだまだ冷え込みが厳しいですね。さて、お位牌の話をしたいと思います。 【位牌】いはい死者の戒名・法名などを記した木の札。禅僧によって中国からもたらされ、江戸時代に一般化した。『デジタル大辞泉』…

山門の石柱

春を通りこして初夏のような一日でした。 昨日までは霜が降りていたので、玄関先の福寿草も驚いているのではないでしょうか。うれしそうに花を咲かせています。こちらは、お寺の山門の石柱です。 「眞言宗智山派 三光山普濟寺 髙尾山大僧正 秀順書」とありま…

「道」のお話④~ 「薪の道」は「清貧の道」、清らかで心豊かな生活 ~ 「法の水茎」104

梅の花に春雨が降り注いでいます。 2月15日(今年の旧暦では3月27日)は、お釈迦様が入滅なされた日です。 【入滅】にゅうめつ[名](スル)滅度すなわち涅槃にはいること。釈迦(しゃか)の死、高僧などの死にいう。『デジタル大辞泉』「入滅」の項 お寺にも…

お墓の基礎工事が始まりました。

しだれ梅も、つぼみが大きくなってきました。 暖かな日は、池の鯉も動くようになってきました。今日は大安吉日あり、お墓の鍬入れから、土を掘り起こす基礎工事が始まりました。 鍬入(くわいれ)(2)開墾、植樹、工事などを始めるに際して、はじめてその土地…

【書面での決議】喜連川仏教会総会

池の側のしだれ梅。 山門前の寒紅梅より遅れて、数輪が咲き出してきました(風に揺れて写真がボケてしまいましたね)。毎日眺めるのが楽しみです。さて、毎年この時期に行われる「喜連川仏教会」の総会は、今年は書面決議といたしました。会食はもちろんです…

【縮小して行います】普濟寺恒例の春季大護摩祭

本日は立春。参道の紅梅も少しずつほころんできましたが、寒い一日でしたね。 その向こうに見えるのは、すっかり葉を落としたイチョウの木です。そろそろ枝の刈り込みをしなければならないようです。今日は午後からお寺の役員会を行いました。お忙しい中、総…

10年ぶりにお墓が売れました。

墓地の参道にミツマタの花が咲いています。 例年よりも少し早い開花でしょうか。今日もご法事でお参りくださった方が珍しそうに眺めていました。墓地といえば、10年ぶりに寺墓地をお求めいただきました。普濟寺のような田舎にある寺では、珍しいことです。い…

新しいお仏壇の開眼を行いました。

近所のお寺さんからロウバイをいただきました。 ロウバイは江戸時代初期に日本に入ってきたそうですね。部屋いっぱいに春の香りが広がります。先日、お檀家さんのお宅で、新しいお仏壇の開眼供養を行いました。入魂の儀式です。以下は、開眼に関する過去記事…

「在家過去帳」を購入しました。

午後になると気温も上がってきました。山からの筧の水も流れ始めました。 1日中残っている氷の上に流れ落ちています。氷は春の風が溶かすのでしょうか。さてこの度、お檀家さんに頼まれて「在家過去帳」というものを購入しました。 【過去帳】かこ‐ちょう寺…

落ち葉を掃いた庭に……雪が舞いました。

今朝は雪が舞いました。 修行大師像も寒そうですね。ただ、ここ数日の朝よりも、冷え込みは緩んだように感じました。午後からは雪か雨のようですが、どうなるでしょうか。昨日までは霜柱が立つほどでした。 スゴいですね!この上をザクザクと踏み歩きながら…

「道」のお話③~ お寺の道場、「仏と成るための道」(仏道) ~ 「法の水茎」103

勉強部屋の近くに咲いている一輪のパンジー。目立たないところに咲いているので、私しか気づいていないかもしれません。 昨年からずっと咲いていています。息が長いですね。ここ最近の冷え込みにも霜にも負けず、力強いです。亡き母が冬の花といって、寄せ植…

お地蔵様の前掛けを付け替えました。

白実の万両。たわわに実っています。 普通は鳥に食べられてしまうと思うのですが、しっかり残っていますね。他に食べるものがあるのでしょうか。お正月のご挨拶まわりも終盤に近づいてきました。遠方のお檀家様には、郵送にて一式を送りさせていただきます。…

年始のご挨拶まわりをしています。

昼頃までは青空。日だまりでは暖かく感じられましたが……午後からは一気に冷たい風が吹いてきました。 今夜はマイナス6度くらいまで冷え込むようですね。水道の凍結に注意です!午前中は護摩祈祷を行いました。身体健全や厄除などの所願を祈らせていただきま…

謹んで新年の御挨拶を申し上げます。

謹んで新年の御挨拶を申し上げます。早いもので令和の御世も3年目となりました。 本年が素晴らしい年となりますよう、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。境内の紅梅もほころんで参りました。 ここに来て、昨年から猛威をふるっている新型コ…

年始の準備をしています。

昨日は冬至で大安でした。境内にあるユズをもぎってきました。 つややかに輝いていて、おめでたい感じもしますね。もちろん柚子湯にもつかりました。 柚子湯(ゆずゆ)冬至に、無病息災を願って香り高い柚子の実を風呂に浮かべて入浴する。ひびやあかぎれを…

「道」のお話②~ 成道会、お釈迦様の「恩徳の名残」を探し求めて ~ 「法の水茎」102

玄関先の万両が色鮮やかです。 葉っぱのお屋根が、冷たい霜から守ってくれるのでしょうか。今さらながら、葉っぱの下に実があるのが万両、上にあるのが千両なのですね。昨日、『髙尾山報』12月号が届きました。中には、「髙尾山薬王院 御守・縁起物一覧表」…

髙尾山薬王院の入山式 ~ 中興第三十三世 貫首 佐藤秀仁僧正 入山式 ~

昨日は八王子市にある大本山髙尾山薬王院に行ってきました。朝6時台の電車に乗って、3時間ほどで到着しました。こちらは山門前の紅葉の様子です。 キレイですね!実物は写真よりも色鮮やかです。まだまだ紅葉狩りを楽しめます。亡き父から、私が住む「栃木の…

対策を講じての講演会 ~ 鎌倉期の密教文学 ~

師走を迎えて、すっかり冬の空気に包まれています。 散り時を忘れたかのような紅葉に、つい目がとまります。先日お伝えした月曜日の講演会もなんとか終えることができました。当日のポスターなどはこちらです。 www.mizu-kuki.work その日の朝、栃木は霜が降…

講演会で話しをしてきます。

一週間前のお地蔵様です。 イチョウと紅葉の葉に埋もれています。ふかふかの絨毯ですね。この度、講演会で話をすることになりました。タイトルは「鎌倉期の密教文学」。こちらがポスターです。 顔写真入りなんですね。[要旨] 日本文学における仏教の影響は…

『続 しもつけの御朱印』に掲載されます。

イチョウの葉もほとんど散ってしまいました。息をのむような散り際の光景は、ほんの一瞬の出来事でしたが、それは田舎暮らしの醍醐味でもありますね。 今は色とりどりの絨毯が、地面に敷き詰められています。ふかふかの落ち葉が、足下から温かく迎えてくれま…

スポンサーサイト