坊さんブログ、水茎の跡。

小さな寺院の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。普濟寺(普済寺/栃木県さくら市)住職。

2019-07-01から1ヶ月間の記事一覧

二幅の掛け軸、明治期の涅槃図と大正期の千観音仏

この度、本堂の押し入れの奥の方から、二幅の掛け軸が見つかりました。 一つは、お釈迦様の涅槃図です。 涅槃図 裏面に「明治参拾七年辰旧貳月十五日設立之ス」と記されていることから、明治37年(1904)の涅槃会にあわせて製作されたものであることが分かり…

総代世話人さんによる奉仕作業が行われました。

ノウゼンカズラが咲いています。 ノウゼンカズラ(凌霄花) 花の形がトランペットに似ていることから、英語では「トランペット・ヴァイン」(trumpet vine)と呼ばれるそうです。大きな橙色が鮮やかで目を引きます。来週3日のお寺の行事(大施餓鬼会)を前に…

亡き父の思い出を綴った「菩薩行」、日本酒「辯天」の里へ

百合が咲いています。 百合 百合の花は一段と豪華ですね。さて、今日は父の月命日です。父は平成28年(2016)8月19日に78歳で亡くなりました。間もなく3年の月日が経とうとしています。「石の上にも三年」とは言いますが、住職としてもまだまだ父には及びま…

普濟寺の大施餓鬼会のご案内

普濟寺恒例の大施餓鬼会。今年は8月3日の土曜日です(毎年8月第1土曜日)。御檀家様のご先祖様をはじめ、有縁無縁一切精霊を御供養します。 10:00から御法要11:00頃から御法話 八王子市 真福寺 岸本守正 師※写真は過去の御法話の様子です。12:00頃からお斎(…

「時間」のお話①~刹那、最も小さい時間単位~「法の水茎」85

八重の桔梗が咲きました。 桔梗(キキョウ) ちなみに真言宗智山派の紋は桔梗紋です。梅雨時の潤んだ庭に彩りを加えています。 今回の文章は「時間」の「刹那」をテーマに、刹那の善行を積み重ねる仏の道を歩むことについて書いたものです。 ※ ※ 「法の水茎…

六地蔵の土台を修復しました。お地蔵様の持ち物。

半夏の葉が白くお化粧しています。 半夏 先日の半夏生の頃(7月2日)よりも、白い部分が増してきたようです。地域のお墓にある六地蔵菩薩。このほど、土台を修復しました。 墓地へと続く道 墓地へと続く畦道の草も、きれいに刈っていただきました。梅雨晴れ…

図書紹介、娘を亡くした親の思いに胸を打たれました。

今にも降り出しそうな梅雨空です。 紫陽花の前で まるで雨宿りをしているかのようです。 さて、お寺が所属している真言宗智山派には「智山勧学会」という学術団体があります。設立の趣意は、以下のようなものです。 智山教学大会や弁論大会等を通じ若手研究…