坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

喜連川仏教会の研修旅行。高尾山薬王院を参拝しました。

台風19号が過ぎ去った15日、高尾山薬王院を参拝してきました。 地元の「喜連川仏教会」という集まりの日帰り研修旅行です。総勢32名。普濟寺は高尾山薬王院の法類寺院です。私を含め、総代さんなど7名が参加しました。喜連川仏教会は、旧喜連川町にあるお寺…

「時間」のお話④~鹿の鳴き声、短い秋を謳歌して~「法の水茎」88

台風が過ぎ去って、強風が残っています。 コスモス コスモス(秋桜)も大きく風に揺れています。短日植物の代表の一つとされるコスモス。少しずつ日が短くなっていることを教えてくれます。 【短日植物】 日照時間が短くなると花をつける植物。キク・コスモ…

台風19号の爪痕

大型の台風19号による暴風雨。深夜のエリアメールで、近くを流れる江川が氾濫したことを知りました。 さくら市からのエリアメール すぐには避難できなかったので、少しでも裏山から遠い部屋で眠ることにしました。ただ、崖崩れなども心配でなかなか寝付けま…

杉の木を伐採しました。

本堂前のコルチカム。 コルチカム 秋のお庭を彩るお花です。 空に向かって可憐に咲いています。そんな中、台風19号が関東地方に近づいてきました。大型で非常に強い台風です。 台風進路図 青丸が自坊のあたりです。朝の予想では、ちょうど真っ直ぐこちらに向…

古井戸を埋め戻すお祈りをさせていただきました。

彼岸明けから咲き出した彼岸花も終わりを迎えています。 漢字で「旬」は10日間を表しますが、次の季節へと移ろってきました。今日は午後から、近隣の旧家にお邪魔してきました。 田園風景が広がる、眺めの良いお宅です。 この度、リフォームを行うにあたり、…

お堂が動物(ハクビシン)の寝床となっていました。

庭のツリバナの実が鮮やかです。10月を迎えて、晩夏から秋に移ってきました。 ツリバナ 赤い実が垂れ下がってくることから、ツリバナ(吊り花)と名づけられました。花言葉は「片思い」。これから葉っぱも色づいてくるでしょう。控え目にうつむく実も、ます…

納経をいただきました。

本堂前に白芙蓉が咲いています。 白芙蓉 花言葉は「繊細な美」。今日一日で終わる「一日花」に愛おしさを感じます。お参りくださった女性が、写経を納めてくださいました。 のう‐きょう[ナフキャウ] 【納経】 現世の安穏や来世の幸福を祈り、また死者の追…

お盆とお彼岸の熨斗袋(のし袋)について

秋晴れのよいお天気です。 柿の実も色づいてきました。お盆の棚経の続きとして、お彼岸にお檀家まわりをして頂いたお布施を、御本尊様にお供えさせていただきました。日頃より普濟寺の護持運営にご協力くださり心より御礼申し上げます。薬師堂の修理など、寺…

萩之坊乗円筆「鴨長明絵像」(石川丈山歌賛)について

お中日を過ぎて、秋のお彼岸も後半に入ってきました。 彼岸花 彼岸花も、キレイに咲いています。お地蔵様も微笑んでいますね。 さて、今回もお寺に伝わる掛け軸を紹介したいと思います。 中世隠者の一人、鴨長明(1155~1216)の絵像です。 鴨長明かもの-ち…

「時間」のお話③~一瞬の花火、大輪の花~「法の水茎」87

遠くから稲刈りのコンバインの音が響いています。虫の声とともに、涼しい秋風も感じるようになってきました。 春先には黄色い草花が目立っていた境内の庭。今は白い花が多く咲いています。まさに秋の色といった風情です。毎月書かせていただいている『高尾山…

スポンサーリンク