坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

スポンサーサイト

普濟寺の大施餓鬼会は縮小して行います。

昨日からヒグラシが鳴き出しました。道端にはナデシコも咲いています。 耳を澄ませば、カエルの声や、まだホトトギスも鳴いています。梅雨時に、初夏や晩夏も感じています。間もなく、普濟寺恒例の大施餓鬼会が近づいてきました。今年は、8月1日(土)10:00…

大切な俳句の短冊

今日も朝から蒸し暑いですね。 3日前には蕾だったキキョウも、一気に花開きました。花びらは空に向かって、全身で光をつかもうとしているかのようです。梅雨も後半を迎えると思い出す俳句があります。 暈(かさ)もなく 梅雨明けのこの 大月夜 (星野立子)…

御朱印の再訪をいただきました。

キキョウのつぼみ。 先の方が鳥のくちばしのようにとがっていますね。今にもはち切れそうです。夏はもう目の前です。昨年末にお寺の御朱印帳(御納経帳)を作りました。ご本堂に並べてから半年になります(1500円)。 www.mizu-kuki.work その後ありがたいこ…

香十のお線香 ~ 今年もお盆が近づいてきました ~

お寺の裏庭のアジサイ。 人目につかなくても、キレイに咲いています。アジサイの花言葉は「無常」。しっかりと目に焼きつけたいと思います。今年も夏のお盆が近づいてきました。初盆(新盆)のお宅に持参するお供え物が届きました。 天正年間創業の銀座「香…

半鐘を調査していただきました。

今日は貴重な五月晴れの一日でした。 久しぶりに日光を浴びて、お花もうれしそうですね。生き生きしています。先日、お寺の薬師堂にある「半鐘」について書きました。 www.mizu-kuki.work その記事をお読みくださって、さっそく那須歴史探訪館の学芸員の方が…

「時間」のお話⑫ ~過去・現在・未来、仏の教えは上から下に流れる ~ 「法の水茎」96

梅雨らしい一日です。お参りの方はいらっしゃいませんでしたが…… 大きな純白の傘が、寄り添って花開いていました。 今月の私の文章は、引き続き「時間」をテーマに、過去・現在・未来の三世について書いてみたものです。よろしければ、お読みいただけますと…

薬師堂の半鐘

全国的に暑い一日です。外の温度計は、28.7℃を指しています(13:30現在、湿度57%)。 睡蓮は今日もキレイに咲いていますね。毎日見ないと気が済まないようになってきました(笑)池の上には薬師堂があります。起源は、天文元年(1532)4月8日、金枝城主であ…

紅葉の枝を支え上げて木陰を作りました。

日に日に睡蓮の花の数が増えてきました。 冷たい山からの水でも咲くのですね。できれば、蛍が飛ぶような池にできたらと思うのですが、簡単ではないのでしょう。私は相変わらずオンライン授業を続けています。もう4週目に入りました。今日は授業中に来客があ…

石段の手すりが完成しました ~ 本堂へと続く道 ~

いよいよ6月。五月雨の季節になりました。昨日から咲き出した睡蓮も、今朝は霧雨に濡れています。 ご寄付をいただいて始まった、参道の手すり取り付け作業が終わりました。こちらが完成の様子です。 きれいに作ってくださり、ありがとうございます!お寺の雰…

石段に手すりを付けることになりました。

朝から降ったり止んだりの天気です。裏山からは、今日も元気なウグイスとホトトギスの鳴き声が響いてきます。まるでお互いに美声を競っているかのようです。 雨が似合う植物も咲き出してきました。これからアジサイの季節を迎えますね。お寺の方にも、少しず…

「時間」のお話⑪ ~久遠の循環の中で、「無窮」と「困窮」、私利私欲を捨てた生き方 ~ 「法の水茎」95

冷たい雨が降り続いています。 池の周りにはカキツバタ(杜若)が咲き始めました。花言葉は「幸せは必ずくる」。平穏な日常を、じっと待ちわびているかのようです。 今月の私の文章は、引き続き「時間」をテーマに、時が限りなく遠い「久遠」(くおん)につ…

大般若転読法要に出仕しました。

空がかき曇ってきました。今夜は雨の予報です。 昨日は、今日と打って変わって快晴の一日でした。私は昨年と同様に、近くのお寺さんで行われた「大般若転読法要」に出仕してきました。まずは麓の入口から。山上まで続く石段です。 こちらが薬師堂です。寛文…

『ふる里の民話集』を購入しました ~ さくら市(氏家と喜連川の昔) ~

牡丹の時期も終わりでしょうか。いよいよ雨が似合う花が咲いてきました。 先日、『ふる里の民話集』という本を購入しました(美寿々すみ子編、民謡民話 美寿々会 きつれがわ支部 支部長 金枝明子 発行、平成30年5月1日)。 こちらが目次です。「さくら市の昔…

スポンサーサイト