坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

「香り」のお話②~「六根」を清めて、悩みや苦しみを洗い流して~「法の水茎」33

桜が散ったからでしょうか。。。また黄色い花が目立ってきました。 レンギョウ 漢方では鎮痛薬に用いられるようです。レンギョウ(連翹)と聞くと、つい練行(仏道修行)を思い出してしまいうのは仕事柄でしょうか。今回の文章は、六根のまとめとして、「鼻…

「身体」のお話②~幸せを追い求めて、捨て身の修行~「法の水茎」32

枝垂れ桜が満開を迎えています。 枝垂れ桜 風に吹かれた花びらが、修行大師の頭上に降り注ぎます。境内の中でも好きな木の一つです。ぜひご覧になっていただければと思います。今回の文章は、六根の「身」をテーマに、節分や、お釈迦様の入滅について書いて…

「味わい」のお話②~醍醐味、揺らぐことのない成熟した心根~「法の水茎」31

ツツジも咲き始めています。 ツツジ 春風に揺れながら、つぼみが日に日にふくらんでいます。今回の文章は、六根の「舌」をテーマに、民話「笠地蔵」に登場する仲睦まじいご夫婦の味わいについて書いてみたものです。 ※ ※ 「法の水茎」30(2015年1月記) 新し…

「心」のお話②~自分の影と仏様の優しい影~「法の水茎」30

地元の桜並木です。 早乙女の桜並木 1925年(大正14年)に、当時の青年団が100本のソメイヨシノを植栽したことに始まるそうです。これまで多くの方に親しまれてきましたが、近年では老木が目立ち、いよいよ伐採される運びとなりました。この風景が見られるの…

「眼」のお話②~紅葉の風情、儚さを自覚すれば~「法の水茎」29

スイセンがキレイに咲いています。お地蔵様の口許も、何となくほころんでいるようです。 スイセン 黄色いスイセンの花言葉は「私のもとへ帰って」だそうです。お寺に咲く草花の花言葉を調べるのも楽しそうですね。今回の文章は、六根の「眼」をテーマに、紅…

一週遅れの花祭り

今日は地元で、第24回「桜まつり」が開催されました。町の中心部を歩行者天国にして、物産販売や展示、ビンゴ抽選会やフリーマーケットなどさまざまな催しが行われました。 www.tochigiji.or.jp その一画をお借りして、喜連川仏教会では、毎年恒例の花祭りを…

「聞く」お話②~耳を傾けて、清らかに色づいて~「法の水茎」28

今が満開です。 満開 これまで、春が年々短くなっていると感じていましたが。。。今年は桜も満開の姿を長く見せてくれています。今回の文章は、六根の「耳」をテーマに、菊と聞くとの関わりについて書いてみたものです。 ※ ※ 「法の水茎」28(2014年10月記)…