坊さんブログ、水茎の跡。

小さな寺院の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。普濟寺(普済寺/栃木県さくら市)住職。

永代供養塔の開眼法要を行いました。


令和3年(2021)5月25日。大安の日に合わせて、普濟寺永代供養塔の開眼法要を行いました。
前日からたくさんの生花が届いて、一足お先に蝶が飛び交っていました。

f:id:mizu-kuki:20210527205256j:plain


キレイですね!
珍しい洋花も入っていました。
供養塔の軒裏と言うのでしょうか、花々が写り込んでいます。
新緑の日差しに輝いています。

ご本堂のほうにも、「檀家一同」として生花をお供えいただきました。
誠にありがとうございます。

f:id:mizu-kuki:20210527205332j:plain


さて、当日も晴天に恵まれました。
開眼法要に先立って、まずはご本堂でお経をお唱えいただきました。

f:id:mizu-kuki:20210527205355j:plain


それから皆さんで永代供養塔に移動です。
この時期の緑のトンネルも涼しげですね。

f:id:mizu-kuki:20210527205430j:plain


「看れば夫れ、新緑鮮やかに映えて供養塔を粧い、景趣既に当山興隆の機運を促すに似たり」(表白より抜粋)


開眼法要と、その後に予定されていた納骨のほうも無事に終わりました。

午後からは雨。
魂の入った永代供養塔も、しっとりと潤っていました。

f:id:mizu-kuki:20210527205502j:plain


令和5年(2023)は弘法大師空海ご誕生1250年に当たります。それに合わせて、永代供養塔を建立し開眼法要を営めたこと、たいへん有り難く思っています。

 

     ※      ※

最後までお読みくださりありがとうございました。