坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

スポンサーサイト

錦繍の普濟寺 ~ 秋真っ盛りの思い出 ~

スポンサーサイト


寒紅梅がほころんできました。

f:id:mizu-kuki:20200131175103j:plain

寒紅梅

 

 【寒紅梅】かん‐こうばい

梅の一品種。寒中に紅色の八重の花が咲く。《季 冬》
『デジタル大辞泉』「寒紅梅」の項

 
例年よりも開花が早いようです。
日に日に、お寺が紅色になっていきます。

こちらは、昨秋の錦繍に染まる普濟寺です。

f:id:mizu-kuki:20200131175742j:plain

11月18日……まさに秋真っ盛りでしたね。
その日、ドローンで境内を撮影くださった方が、写真をお持ちくださいました。

 

www.mizu-kuki.work

 
こちらは本堂内です。

f:id:mizu-kuki:20200131180211j:plain


もうちょっと、キレイに片付けておけば良かったですね。

写真はまだ古いものですが、今年に入って二畳台は新しくなりました。

 

www.mizu-kuki.work

 

こちらは境内墓地です。

f:id:mizu-kuki:20200131180539j:plain

もともとは杉林だった場所を、父の代に墓地として造成しました。
目の前の川沿いの風景が一望できます。

間もなく立春を迎えますが、今年は雪がほとんど降っていません。
真っ白な雪化粧のお寺は、この冬はお預けでしょうか。


     ※      ※

最後までお読みくださりありがとうございました。


スポンサーサイト