坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

スポンサーサイト

半畳(二畳台)を御奉納いただきました。

スポンサーサイト


歳末の日曜日。お墓参りの方々を見かけます。
私もお墓を歩いてみると、

f:id:mizu-kuki:20191229213713j:plain

ミツマタ

ミツマタの蕾を見かけました。春はもうすぐですね。

ミツマタ

定義和紙の原料にするため,畑に栽植する落葉低木.被子植物門 双子葉類(綱) ジンチョウゲ科
中国原産.高さ約1~2m.樹皮は茶褐色で枝が3本ずつに分かれる.葉は互生し,長だ円形で長さ10~15cm.早春に葉に先立って径約2.5cmの球状にかたまった黄色花をつけるが花弁はない.靭(じん)皮繊維を紙幣や鳥の子紙など高級和紙の原料にする.
『旺文社 生物事典』 「ミツマタ」の項

 

年の瀬を迎えて、有り難いことに、半畳(二畳台)を御奉納いただきました。

f:id:mizu-kuki:20191229214437j:plain


縁には紋べりと繧繝(うんげん)べりがありますが、あでやかな繧繝べりを選んでいただきました。

うんげん‐べり【繧繝縁】

繧繝錦の縁(へり)。また、その縁を用いた畳やしとね。畳、しとねの最上の品で、もとはもっぱら天皇に、後に上皇、東宮、親王、摂関家の座具、神社の内陣などにも用いられた。うんげん。うげんべり。うんげいべり。うげんばし。
 『日本国語大辞典』「繧繝縁」の項

 
もともとの用いられ方を見ると畏れ多いですね。

ちなみにこれまでの半畳はこちら。

f:id:mizu-kuki:20191229215207j:plain


本堂内の畳と同じような色あせ方です。

縁は、蘇芳色のような紋べりです(色あせて元の色は分かりませんが)。おそらく、70年以上前のものではないかと思われます。今後は、薬師堂など別の場所で使わせていただきます。

繧繝(うんげん)べりの半畳が加わり、本堂がいっきに華やぎました。ありがとうございました。皆さまにもご覧いただけますれば有り難く存じます。


     ※      ※

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーサイト