坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

スポンサーサイト

台風で被害を受けた池の補修工事を行いました。

スポンサーサイト

先週は見頃を迎えていた普濟寺の紅葉。

f:id:mizu-kuki:20191126205709j:plain

寺前橋から

ここ数日の雨に打たれて、ハラハラと散っています。

f:id:mizu-kuki:20191126205836j:plain

紅葉のジュータン

散り敷く庭も美しいですね。錦のジュータンのようです。
もう少し眺めたら、きれいに掃き清めようと思っています。


さて、先月の台風ではお寺の池の周りが崩れました。
池でためきれなかった山水が、地割れを引き起こしたようです。

f:id:mizu-kuki:20191126210225j:plain

陥没

近づくのも危険だったので、御檀家さんに補修工事をしていただきました。

f:id:mizu-kuki:20191126210511j:plain

補修工事

ショベルカーの登場です。

写真では分かりづらいですが、道の真ん中まで土を掘り、真ん中に杭を打ち込んで、池と道を区切っている石板を引っ張るというものでした。けっこう大がかりなもので、2日間ほどかかりました。おかげで、今後は板が池の方に倒れることはなさそうです。

f:id:mizu-kuki:20191126211308j:plain


土が固まるまでは立ち入り禁止です。春までには、元通りになるでしょうか。

小さいですが、近隣の方々に親しまれてきたヒョウタン池。
昔の子供たちは、冬は氷の上で遊んだり、夏は飛び込んだりして遊んだようです。

来年また睡蓮が咲き出したら、お参りの皆さまに間近に見ていただいて、笑顔になっていただければと思っています。

     ※      ※

最後までお読みくださりありがとうございました。


スポンサーサイト