坊さんブログ、水茎の跡。

小さなお寺の住職です。お寺の日常や仏教エッセーを書いてます。

スポンサーサイト

令和2年の「住職手帖」を用意しました。

スポンサーサイト


今朝も霜が降りました。

f:id:mizu-kuki:20191225120135j:plain


凍てつく庭先にも、小さな花が咲いています。
春先のタンポポのように目に留まります。

今年も残りわずかとなり、来年の手帳を用意しました。
これまでは長年、吉川弘文館の「歴史手帳」を使っていました。

www.yoshikawa-k.co.jp



「歴史手帖」は、厚めの文庫本のようなサイズで持ち運びにも便利です。
歴史に関するものが1冊にまとまっているので、調査などの際には役立ちます。

寺の住職となってからのここ数年は、「住職手帖」を使うようになりました(調査には過去の「歴史手帳」を持参しますが)。

「住職手帖」は、西陣織のメーカー「加地金襴」の発案によるものです。

https://karasuma.keizai.biz/headline/3286/

 

kajikinran.jp

f:id:mizu-kuki:20191225122545j:plain


A5サイズなどで、ちょっと大きめです。
その分いろいろと書き込むことができます。

忌日早見表や年忌早見表も掲載されています。

f:id:mizu-kuki:20191225122808j:plain

 

f:id:mizu-kuki:20191225122915j:plain


これは便利ですね。

ちなみに、普濟寺では法事のご案内などはしておりません。ご確認いただけますと有り難いです。

f:id:mizu-kuki:20191225123031j:plain

年齢早見表はもちろん、厄年早見表もあります。

「住職手帖」は2006年から発売され、私は最初から使っています。葬儀や法事の予定だけではなく、御檀家さんから伺ったお話などもいろいろと書き込んでいるので、過去の手帖も繰り返しめくっています。


鈴木法衣店ホームページ

www.suzukihouiten.jp


     ※      ※

最後までお読みくださりありがとうございました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歴史手帳2020年版 [ 吉川弘文館編集部 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2019/12/25時点)


 

スポンサーサイト